« 恒例の”俺のCB1300” 2013 | トップページ | GWツーリング »

2013年4月28日 (日)

さぼってましたが

今年の正月からいろいろとサボってましたが、このままではイカンので復活です。

Cb1117

6年間ほったらかしにしといても、文句ひとつ言わずに頑張ってくれたブレーキをオーバーホールします。

Cb1118

私自身、ずっとバイクに乗ってきましたが、ここに手を付けたことはなかったので、これが初作業! んー、緊張!!

やることは簡単。 分解して、清掃してシール類を交換して組み立てなおすだけ。 特別な技能は必要ありませんが、作業を間違えると自分だけでなく周りの人も傷つける結果になりますので、十分に注意を払って作業する必要があります。

まずはキャリパ-を外すところから。 ブレーキホースはフルードをまき散らさないようにビニールを巻いておきましょう。 バンジョー部分にかませるクラッシュワッシャーはもちろん新品交換です。

Cb1119 ブレーキディスクにマグネットトレーがよくくっつくんで助かります(笑)

ここしばらく、掃除してなかったからなぁ・・・・えらいことになってるし

Cb1120 定期的に洗いましょうね。 洗浄液につけてごしごしすればきれいになります

トルクスのボルトを外してパカっと分解。 トルクス使って締結されているところはむやみに開けたりしてはいけませぬ。 もっとも、日本車はそのような基準になっていますが、外車は普通の締結部分に、六角の代わりにトルクスを積極的に使っているようですね。

Cb1121 御開帳!

この後は、ブレーキピストン外して、中のダストシール、ピストンシール、ジョイントシールを交換します。もちろん交換前には、きれいに掃除しとかないとだめです。

Cb11212 ピンボケ。 清掃してからピストン外せばよかった・・・・

ピストン外して初めて気が付きましたが、フルードって中にたっぷり溜まっているんですね。 当たり前の事なんですが、初めてやる作業なので、いろんなことが勉強になります。

ブレーキピストンとキャリパーの摩耗や傷を確認しましたが、今回は特に問題ありませんでした。 ただ、キャリパ-の一部にピストンと擦れて色が剥げたような跡があったんですが、これは普通の事なんですかね?強い当たりだったら考えるんですが、色が擦れている程度なんで、今回はそのまま放置しました 

この後は、シール類がハマっている溝のスラッジがなかなか取れ無いもんで ひたすら洗浄し、手をベトベトにしながらメタルラバーやらグリスやらをヌリヌリしたんで写真を取っている余裕なし(笑)

Cb1122 せっかくなんで、ニップルも取り替え

で、完成! 重要保安部品ですので、きちんとトルク管理をして組み立ててます。

Cb1123_2 さすがに手ルクレンチはありえません(笑)

で、写真に写っているのは片側のみ。 慣れない作業の場合は、フロントブレーキやフロントフォークなど部品が2つあるのであれば、万が一の場合を考慮して、片側づつ作業します。こうしとけば、いざ組み付け方法が分からなくなった場合であっても、逆側の部品を見て組み立てることができます。

両側が完了したら、そのまま車両に組み付けです。 これでたっぷりエア抜きを行い仮完成! こんな時のために、前に作ったエア抜きキットがどこにも見当たらず、レバー握ってニップル緩めて、エアが出たところでニップル締めてレバーを戻し・・・・・というオーソドックスな作業でおこないましたが、まー面倒ですね(笑)

エア抜きが完了したら、キャリパーを再度外して、ピストンがちゃんと出てくることを確認します。 左右どちらのキャリパ-も、ピストンが4つ揃って出てこなかったので、ここで揉みだし作業実施。 やっぱり新品部品を組み付けただけではあたりなんて出ないもんなのかな? ここで納得いくまでピストンを出したり押し込んだりして、ようやく作業が完成です。

Cb1124 なかなか揃ってでてこないんだよね・・・・

完成後は、手押しでブレーキが利くことを確認したところで試乗。 んー、問題なし! エア抜きをきちんとやったので、ブレーキがかっちり効くようになった以外は、何も変わったように思えないけど、そもそも変わったのを実感できてはまずいってことで(笑)

この作業は重要保安部品の分解整備に当たりますので、充分ご注意くださいね。

|

« 恒例の”俺のCB1300” 2013 | トップページ | GWツーリング »

カスタム・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

かいさん、こんにちは!
久びりにコメントさせて頂きます!

作業お疲れ様でした。何でも自分で作業される、かいさんをほんと尊敬します。
保安部品だからこそ、自分で作業したいですよね! 
トルクレンチやはり購入しようかな!(笑) アストロ・・・・・。

投稿: KON | 2013年5月 2日 (木) 12時00分

かいさん
お久しぶりです!楽しみにしていたブログ再開ですね!(^^)!
今年も宜しくお願いいたします!
富士山が世界遺産登録になると、かいさんのホームコースも賑やかになりそうですね!

投稿: maru | 2013年5月 2日 (木) 18時24分

すごいな〜
こんな事まで出来るなんて・・・・・
って私が全くのメカ音痴なので、怖くて手を出さないだけなんですけどね。

投稿: わら | 2013年5月 2日 (木) 20時20分

メンテしなくちゃいけない、わかってます、わかってますけど…(笑)

投稿: yoshian | 2013年5月 2日 (木) 22時27分

KONさん
訪問、ありがとうございます。

やっぱりいじり壊さない程度であれば、自分で何でもやってみたい性分でして(笑)

こういう作業の場合にはトルクレンチは必要ですね。 最近はホームセンターなどで
安価なものも見かけますが、どんな精度なのかよくわからないため、いまいち手を出せてません(笑)

投稿: かい | 2013年5月 4日 (土) 08時18分

maruさん
訪問、ありがとうございます。

ネタはいろいろあったのですが、なかなか書く気がおきず・・・・

ホームコースというほど富士山の周りは走ってないんですが、休日に
今より混むようになると、もっと足が遠のきますね、困った。
まー、お父さんライダーですから、そこは早朝での午前戻りでカバーですかね(笑)

投稿: かい | 2013年5月 4日 (土) 08時22分

わらさん
訪問、ありがとうございます。

んー、工具は使いますが、テント組み立てるのと
難易度ではそう変わらないかと思います(笑)

投稿: かい | 2013年5月 4日 (土) 08時23分

yoshianさん
訪問、ありがとうございます。

乗る時間がないときや体調が悪いときに作業を進めると
はかどりますよ(笑)

投稿: かい | 2013年5月 4日 (土) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒例の”俺のCB1300” 2013 | トップページ | GWツーリング »