« パワーコマンダーセッティング | トップページ | GC-XA1 »

2012年7月 7日 (土)

バッテリーを劣化させないために

バッテリーって、交換すると高価ですよね。 でも、バイクのみならず、車にも一般的に使用されている鉛蓄電池って比較的短期間に使用できなくなったりします。 その原因の大部分は、サルフェーション(PbSO4)が電極に付着するからだといわれており、それを溶かすことでバッテリーを延命させる、という効果を謳った製品が数多く出ています。 まー、インターネットを検索すれば、そのような説明が数多く出ていますので、そちらを参照ください(笑)

が、そのようなものを頼らず、サルフェーションを防ぐ方法があります。  それは、バッテリー電圧を常に12V以上に保つこと! 普段から乗られている方のバッテリーは驚くほど長持ちだったりするのは、そのせいだったりします。

で、普段から愛車を乗り回してバッテリー電圧を12V以上に保つことは、学生ならいざ知らずサラリーマンたる身にはなかなか厳しい限り・・・・大人は別の方法で!

と、えらそうに言っても、普段からバッテリーチャージャーに繋いで、補充電をしておく以外にいい方法はありませんので、私も普段はオプティメイトIIIに繋ぎっぱなしで、充電をしています。 オプティメイトIIIはフロート充電を行うとのことで、過充電の心配は無いようです。

ただ、この充電器は防水性がないので、自作で防水加工なんてしていましたが、本体は守れてもコンセントや車両側との接続端子が防水加工できておらず、これらの接続部分は毎度シートを開けて中に格納していました。  が、これが意外に面倒・・・・バイクを引っ張り出すたびにシートを開けるのはもう沢山!!てなことで、シートを開けないで充電できるようにちょこっと改造してみました。

オプティメイトIII本体の防水加工は完了しているので、あとはコンセントとの接続と車両との接続について加工を行います。 コンセントについては、防水コンセントに付け替えることで、OK。 あとは車両との接続ですが、車両外側に防水機能を持った充電用端子を出すことについていいアイディアが浮かばず悶々としていたんですが、この方法を参考にさせていただき、前に購入して使用していなかったサイドカバーを使って実装することにしました。

Cb1068_2 純正のサイドカバー。 無限仕様は最初から塗装されてます。

爪を補修したサイドカバーを塗装して純正並みにピカピカに磨き上げたうえで、ヒロセの防水コネクタを取り付けます。 車両側のオプティメイトIII用のハーネスは、ラジコンで使用されている"タミヤコネクタ"と言われるコネクタを採用していますので、これと接続できるようにタミヤコネクタを調達して、サイドカバーのハーネスを作成しています。

Cb1069_2 ピンボケですな(笑)

素人が缶スプレーで塗装しても、ちゃんと磨けばそれなりにごまかしがききます(笑) ヒロセのコネクタは、防水キャップが付いていますので、雨が降っても水が入ることは殆どありません(たぶん)

Cb1070 FIカバーと合わせてみましたが、色がちゃんとあっていて感動

車両側への配線は、元々設置してあるオプティメイトIII のコネクタに、サイドカバーに取り付けたコネクタを接続するだけで完了。 まぁ、準備95%・最終作業5%といったところで、あっという間に完了です。

Cb1071 完成!!

ちょっと見にくいですが、オプティメイトIIIを接続すると、ちゃんと充電できるようになりました。

これで、急いでいるときでも、シートを開けずに簡単に充電することができます。 乗り出すまでの1分ほどの手間を削減するために、なんかえらくめんどくさいことをしましたが、それなりの充実感がありました。 特にサイドカバーを塗装して、研磨してピカピカになった時の感動ときたら(笑)

本来なら、塗装したサイドカバーには【CB1300】のエンブレムが付き、その仕様にすべく部品を手配してはいるんですが、しばらく付けないでヌメッとしたサイドカバーのまま過ごそうかと思ってます。

|

« パワーコマンダーセッティング | トップページ | GC-XA1 »

カスタム・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

 オプティメイト3、私も持っています・・・が、そもそも駐輪場に電源がない・・・ 充電するには、バッテリーを外して部屋まで持ってこなければならず、かなり面倒です。故に、使用頻度はかなり低いです。やれやれです・・・

投稿: 剣片喰 | 2012年7月11日 (水) 09時40分

はじめまして。かいさんのブログ楽しく拝見しております。2006年式のSBに乗っており、かいさんの記事を参考にジェネレーターを2008年にアップし、バッテリーあがりから解消され喜んでおります。オプティメート4を自分のSBにつないでも充電が行なわれません。バッテリーをバイクからはずさないと充電できないんですね。かいさんのとオプティメートのタイプが違うからですかね? 他にもっているCB1100,W650は車載のまま問題なく充電できるんですが・・・?。

投稿: 銀ボル | 2012年7月12日 (木) 21時40分

剣片喰さん
訪問、ありがとうございます。

バッテリーを外さないといけない、となるとかなり億劫な作業ですよね。メーターに設定してる値やトリップなんかもリセットされるし。
せっかく所有されているのに、なんか残念ですね。

投稿: かい | 2012年7月13日 (金) 06時59分

銀ボルさん
訪問、ありがとうございます。

08のジェネレータを移植した方が、他にもいらっしゃったとは(笑)
オプティメイト4がどのくらい3と違うのかよく知らないんですが、他の車種で使えるのであれば、CBでも使用できるはずです。
バッテリー車載のまま、オプティメイトに同梱されてるワニグチを使って繋いでも充電しないんでしょうか?

私も、今回配線を作りましたが、途中にダイオード入れた仕様にしたら、なぜか充電が始まらずまいりました。結局、ダイオードはお蔵入りに。なんか、オプティメイト自体が接続監視をしているのは確かなんですが、内容がよくわかりません。

投稿: かい | 2012年7月13日 (金) 07時12分

かいさん・・・・
昨日は、蒸し暑い中、訪問有難う御座いました。
色々やってますねぇ~~~~
当方も参考にしてしまおう・・でも電気は嫌いです。
連休関係なく仕事です。暑いけど・・
へばりながらやります。では~

投稿: J.... | 2012年7月15日 (日) 11時23分

Jさん
訪問、ありがとうございます。

昨日は長々と滞在してしまい、すみませんでした。
誰からもなかなか信用してもらえないんですが、私も電気は見えないので嫌いなんです。
でも、自分が使いたくなるようなものがないので、しょうがなく弄繰り回している次第で・・・・
また寄らせてくださいませ!

投稿: かい | 2012年7月15日 (日) 14時20分

ほんとカイさんブログはいつも勉強になりますねー

僕もこれからはバイクを高頻度では乗れないので注意しておきます

投稿: しょーへー | 2012年7月16日 (月) 22時19分

しょーへーさん
訪問、ありがとうございます。

いざバイクに跨がってエンジンかけようとしたときに、セルモーターが回らないとか、ツーリング先でバッテリーが突然死するのは怖いですよね(笑)
CBで押し掛けなんて恐ろしい目に合わないために、ちょっと手を打つのはありだと思います。

投稿: かい | 2012年7月17日 (火) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーコマンダーセッティング | トップページ | GC-XA1 »