« 冬のバーゲンに行ってきました | トップページ | 準備中 »

2012年2月19日 (日)

金がない分考える

体調悪かったり、雪降ったり、寒かったりで全然CB に乗れてません。 乗れないとはいっても、車検の時期はどんどん迫ってきており、整備の必要性が出てきます。

で、ある整備をする手間を省くために、かなーり長い時間考えて、こんなものを作ってみました。 ものとしては、ダイソーで買った調味料入れをベースに、観賞魚用品のコネクタを前から後ろから差し込んで見たものです。 ブッシュやホース込みで500円くらい・・・・(笑)

Cb1028 さていったい何に使う?

で、話は飛びますが、CBをのマフラーを自分で脱着ことがある方は知っていると思いますが、マフラーには弁が付いていて、回転数とアクセル開度によって開閉しています。 これ自体は、低速領域での音量を調整するためについていると思われるのですが、まぁそれは置いといて、この動作を負圧を制御することで行わせています。

で、負圧自体は、スロットルバルブからとっており、ここからテールカウル内の負圧タンクに負圧をため込みます(なんか変な表現ですね…)。 フルパワー化して、マフラーをフルエキに変えると、この負圧タンク自体必要なくなるので、外されている方も多いですよね。 私も不要な負圧ラインはすでに撤去済みで、スロットルバルブの負圧取出しには、普段はゴム栓をかぶせています。

Cb1030 負圧取出し

で、本題。

バイクの整備で、負圧をかけて作業をすると、手っ取り早く作業ができるところがあります。 それは・・・・ブレーキラインやクラッチラインのエア抜き!お金を掛ければ、負圧をかけてエア抜きやフルード交換ができる設備や工具を買うことができますが、1バイクユーザーとしては高い頻度で使用するわけでもないものに、そうそうお金を掛けられるはずもなく、躊躇していました。 気のきいた方ですと、シャンプーのボトルを再利用して、エア抜きをしていますが、人と同じことをしてもしょうがないし、何よりももっと楽がしたい(笑)

お金がないときは、ひたすら考えます。 負圧自体は車体からとれる。 うまく引き回せば、エア抜きにつかえるに違いない! でも負圧をかけられる容器や、密閉ってどうする、どうするどうする・・・・・・

いかにチープに作れるかがテーマで、目標は500円程度(笑) ホース類は手持ちがありますので、主に負圧タンク兼フルード受けをどうするかが勝負です。 予算が限られているとなれば、行き着くところは100円ショップしかありません(笑)。 探してみると、必要条件である密閉性のある容器があるわあるわ! 失敗しても、100円だし、気兼ねなく買うことができます。 で、いろいろ検討して、できたものが冒頭の写真の物体。 口の部分を広げたり、空気穴を広げたりしましたが、作業性が非常によく15分程度で作業完了です。 密閉性が気になりますが、口で吸ってみた感じではなんとなくいけそうな!?

手持ちのホースを組み合わせてこんな感じ。

Cb1029うーん、チープな感じがいいね(笑)

エンジン掛けたとたんに負圧がかかっても使いにくいので、負圧ラインには観賞魚用のエア供給に使うコックをかませています。 で、エンジンスタート&ブレーキブリーダーオープン! 続いてコックオープン!

ぬぉぉ、ブリーダーに接続してるホースにクリップがないため、周りから随分エアを吸っていますが、ちゃんとブレーキフルードを吸えています!!素晴らしい!!!!
エンジンの回転によって、ずいぶんムラがある出かたですが、出ていることには間違いありません。

Cb1031 ブリーダー周りからエアを吸いこむのが残念。でも、機能はちゃんと果たしてるし。

観賞魚用のコックも想定通りの動作をしています。コックを閉じたり開いたり、ブリーザー閉じたり開いたりしながら実験してみました。 全体的にはいい感じ。 フルード量を見とかないとすぐにエアを噛んじゃいそうです。

Cb1032 なかなかいいし!

実験的には大成功でした。 次回はブリーダー用のホースをちょっと検討して、再試験してみたいと思います。 もっとちゃんとしたものが出来れば、今まで一人でやるのが億劫だったフルード交換が本当に楽になるはず・・・・ まぁ500円の範囲ではこんなものなのかもしれませんが、せっかく何でもうちょっと何とかしたいですね。 

|

« 冬のバーゲンに行ってきました | トップページ | 準備中 »

カスタム・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
なかなか楽そうです。
うちの相棒は負圧タンクがついたままなんで・・・
負圧かけるのは、ガキンチョの浮輪を膨らます足踏みポンプじゃダメかな〜なんて、さらにチープなことをかんがえたんですが・・・(笑)

投稿: Papa | 2012年2月19日 (日) 19時38分

Papaさん
訪問、ありがとうございます。

こういうの考えるのって、なんで楽しいんで好かね(笑)?
なるほど、浮き輪用のポンプも、吸い出せるものがありましたね!!
ある程度の負圧を継続して負圧を作り出せるなら、なんでもいいと思いますよ。ただ、それをキープできる容器が肝になります。
作るのであればお手伝いしますよ(笑)

投稿: かい | 2012年2月19日 (日) 22時02分

お見事ですm(_ _)m

オイラは会社から小型の真空ポンプ借用しよ~うっと(笑)

投稿: yoshian | 2012年2月19日 (日) 22時02分

Yoshianさん
訪問、ありがとうございます。

私も車用のバキュームポンプ持ってるんですが、最大消費電流が12V20Aなもんで、バイクではバッ直でもなんかなぁ・・・・・と躊躇してるうちに、今回の方法を思い付きました(笑)
もっと簡単に負圧を作る方法があるといいんですが

投稿: かい | 2012年2月19日 (日) 22時09分

ん~自分では絶対に思いつきませんね(笑)
吸い込むもの・・・思いつきそうで思いつきません。
これぞかい製作所の真骨頂!

投稿: GAZZY | 2012年2月21日 (火) 22時01分

GAZZYさん
訪問、ありがとうございます。

よくよく考えたら、もっと身近なところに掃除機なんてものが・・・・ここはダイソン買って強力パワーで引くのもありかと(笑)
今の仕様に満足してないので、また改良を入れて実験です。すでに500円がどうでもよくなってきてるのが怖いです(笑)

投稿: かい | 2012年2月24日 (金) 07時24分

ちょ!めっちゃいいじゃないですかコレ
かいさんの自作魂と知識にはいつも関心させられます

私もなんか作りたくなってきました・・・ってそれが出来たら苦労しないか笑

投稿: しょーへー | 2012年3月12日 (月) 21時47分

しょーへーさん
訪問、ありがとうございます。

アイディアは色々湧くんですが、うまくいくものはやっぱり少ないですねぇ(笑)
是非とも、色々作って試してみてくださいませ!

投稿: かい | 2012年3月12日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のバーゲンに行ってきました | トップページ | 準備中 »