« 贅沢な時間 | トップページ | 黒化推進中 »

2010年10月 4日 (月)

バージョンアップ

外したっきり丸3ヶ月半放置していた08 CB1300のジェネレータとフライホイールですが、このままだと秋が終わって冬になっても何もしないまま・・・・なんてことになりかねませんので、オイル交換とは無関係に手をつけることにしました。

写真中心で行きます。

まずはセンタースタンドを立てたところで、作業スタート! サイドスタンドだと、流出オイルが多くなりそうなんで。

Cb0751

サイドカバーを外して、ジェネレータのコネクタを露出させます。 サイドカバーしたにある、太めの黄色い線が3本入っているコネクタがそれです。

Cb0752

通常はスターターを外さないと、ジェネレーターのコネクタが引き抜けない(ジェネレータの配線が、スタータ本体とエンジンの間を通っていて、コネクタがその隙間を通らない)ので、コネクタから端子を引きぬいて、新しいステーターの配線を代わりに接続します。フレーム裏で配線が見えない位置でクランプされていて、そこを外すのが結構大変でした。外した元の配線は下にたらしておきます。

Cb0753

スタータリダクションギアカバーを外して、ギアを取り外します。

Cb0754_2 Cb0755

Lクランクケースカバーを外します。ステータとフライホイールが強力な磁力で引き合っていますので、思い切り引っ張って外します。 ガスケットはバッチリ切れますので、再使用できませんね(笑) なお、この状態からオイルが垂れ続けますので、オイル受けを準備しましょう。

Cb0756

フライホイールを固定して、フライホイールボルトを外します。 通常フライホイール外側をベルトレンチみたいなもので固定するんですが、CB1300の場合フライホイールの軸にレンチがかかる様に2面が作成されていますので、そこに長めのモンキーを噛ませます。 2面幅が広く、ホームセンターで購入した980円のモンキーではギリギリです。 フライホイールさえ回らなければ、フライホイールボルトを外すのは簡単です。

Cb0757 Cb0758

特殊工具を使って、フライホイールを外します。 特殊工具は、フライホイールとクランク軸がテーパーで結合されているのを抜き取ります。 特殊工具中央のボルトを締め込む際に、フライホイールボルトが嵌るネジ穴を破壊してしまうと、クランクシャフトが使用できなくなりますので、中央にキャップボルトを挿し込んでおき、ネジ穴を保護します。 ホンダ純正のツールを使用すれば、そんな心配はしなくていいんですが。

次にプラスチックハンマーで特殊工具にはめ込んだハンドルを叩きます。 要は、工具に振動を与えて、テーパー結合しているフライホイールをクランク軸から剥がすだけなんですが、今回は前回のようにあっさり外れることはなく、今回は全くをもって外れません。 クランク軸が歪むという話があるので、最初はかなりビビりながら叩いていたのですが、全然外れてこないので(外れるときは、あっけなくポロッと外れる)、1時間ほどいろんなリズムで叩きました。 外れた時の嬉しさといったら・・・・・フライホイールが外れたあとのテーパー部を確認しましたが、特に傷もなく再使用可能です。 今回の作業では、ここが一番大変でした。

Cb0759 Cb0760

クランクケースの合せ面のガスケットを剥離剤を使って綺麗にはがして、フライホイールを交換する準備完了!

Cb0761   

新旧フライホイール。 左が新(08用)で右が外したての旧(07用)。 部品番号が違いますが、見た目は何も違わない気が・・・・う~む。 取り付け自体は、クランク軸のテーパー面を脱脂して、位置決め用のキーに気をつけながらフライホイールを取り付け、フライホイールボルトを規定トルクで締め付けます。 トルクがきちんと出るように、フライホイールボルトのネジ部及び座面にはオイルを薄く塗布しときます。

Cb0762

配線を通したあと、スターター上に置いてあったステーターをカバーに取り付けます。 グロメットにシール材を塗布するのですが、オイルと熱に強いシリコン系のシール材を使えばいいので、黒のバスコークを使用しました。 あとは、ガスケットがズレないように素早くケースに取り付けます。

Cb0763

スタータのリダクションギアとカバーを取り付けて、組み込み完了!! オイルが漏れてないことを確認して、外しておいたカバー類を取り付けて作業完了です。 いやー、今回はフライホイールがハズレなくて厳しかったけど、上手く行ったなぁ!

Cb0767

さて、組み込んだ結果どうなったか・・・・バッテリー電圧を測定してみました。

Cb0764 Key-off時

Cb0765 Key-on時

Cb0766 アイドリング時。

あ、作業前に電圧測るの忘れてたなぁ。 どう変わったのか全然分からないや(笑) そもそも電圧測るだけで違いなんて出るのかな??? なにはともあれ、充電系は08 に準ずる仕様になりましたので、純正グリップヒーターを適用しても、問題ないに違いない・・・・ハズなんですが、どうでしょうね(笑)

|

« 贅沢な時間 | トップページ | 黒化推進中 »

カスタム・メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。行きましたね~
さすがです・・・ここまで出来るのですね~
以前、様々な電装品を考えていた時
ジェネレーターが問題で無理!といわれた事
思い出しました。今後のレポに期待。

投稿: クロ | 2010年10月 4日 (月) 06時32分

かいさん こんにちわ。
相変わらず、かなりレベルの高い事をされてますね(@@;)
オイラの06も電圧低い年代ですよね。
で、この前、計測してみたらキーオフ時は12.7で、エンジン始動後は14.0と表示だったので、まだイケるかな?と思いつつ、しかし今使用してるバッテリーは、もう4年も使ってるので、突然に逝ってしまうパターンかな、なんて感じです。
ジェネレーター交換て、心臓を強くするイメージに感じてナイスですね。
オイラは自分ではようしませんが、とっても気になるカスタムです。

投稿: M[えむ] | 2010年10月 4日 (月) 10時59分

 さすがですね。大掛かりな作業も、かいさんの手に掛かるとあっという間ですね。
 因みに、CB1300STは、ナビ、グリップヒーター、ETCなどの電装品の同時使用を考慮して、発電系が強化されていると聞きましたが、SBに移植は出来ないのでしょうかね?
 CBRの時は、発電系に不安を抱えていただけに、気になる所です。

投稿: 剣片喰 | 2010年10月 4日 (月) 19時05分

クロさん
訪問、ありがとうございます

お、クロさんも行っちゃいますか?
ジェネレータを交換すれば、グリップヒーター
も問題なしのはずです。 サクサク換えて
ガンガン行っちゃいましょう(笑)

投稿: かい | 2010年10月 4日 (月) 22時42分

M[えむ]さん
訪問、ありがとうございます

フライホイールさえ外れれば、そんなに難しくないカスタムですよ。
ただ部品代が・・・(笑)
最近のバッテリーは、死ぬ寸前まで頑張ってくれますからね、
いきなりバッテリー上がりにならないように十分ご注意ください。
ただ、Mさんのように頻繁に長距離乗られていれば大丈夫な気もします

投稿: かい | 2010年10月 4日 (月) 22時48分

剣片喰さん
訪問、ありがとうございます

いやいやいやいや、今回はフライホイールが厳しかったんですよ。
プラハンのプラスチックが飛び散るほど叩いてようやく・・・・まぁ、銅ハンマー
使えばもっと早かったのかもしれませんが。
STはジェネレータだけでなく、冷却のためにシリンダーブロックもカバーも
違っていて、もちろんレギュレータも違いますので、移植はほとんど無理かと。
それこそ、どこかでまたエンジンを見つけてこなきゃ(笑)

投稿: かい | 2010年10月 4日 (月) 22時54分

はじめに測定しなかったのは痛かったですね
けどたったコレだけで発電量がかわるんですか?

投稿: しょーへー | 2010年10月 6日 (水) 20時24分

かいさん こんばんは
遅コメで済みません^^;

ついに逝ったんですね、これでCB唯一?の弱点が克服されましたね!
寒い冬も安心して乗りきれますね! 冬眠しないでくださいよ~(笑)
週末近距離ライダーの私はやばいですよね、まだバッテリーが新しいのが救いですが・・・^^;
しかし、かいさんのメカいじりには毎度のことながら感心してしまいますよ!
今度遊んでくださいね(笑)

投稿: アトム | 2010年10月 6日 (水) 22時22分

しょーへーさん
訪問、ありがとうございます

たったこれだけというか、ジェネレータとフライホイールを交換しなければ
発電量は変えられません。 今回はたまたま狙ってた08のモノが手に入ったので、
換えてみました。

投稿: かい | 2010年10月 6日 (水) 23時29分

アトムさん
訪問、ありがとうございます

基本的に、ボルトとナットで締結されている部分は分解しちゃいます!
たまたまボルトで締結されてなかったフライホイールに苦戦しましたが(笑)
私のは、バッテリーがやばいので、補充電と新しいジェネレータでなんとか
誤魔化し誤魔化し乗ろうかと・・・・

投稿: かい | 2010年10月 6日 (水) 23時31分

遅コメです・・・・
とうとうやりましたね・・・凄い!!!

交換前の容量は・・・・誰かの容量を計るか、夢店で計るのではどうでしょうか?

それにしても何でも実行ですね。
少しは見習わないと・・・・

投稿: わら | 2010年10月10日 (日) 20時39分

わらさん
訪問、ありがとうございます


ジェネレータの発電容量を測る要領もよく解らんのですよ・・・・・
まぁ、気持ちアップしたということでいいんです(笑)
オリジナリティこそ漢前の真髄ですので、気になったことは何でも
やっちゃいます(笑)

投稿: かい | 2010年10月11日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 贅沢な時間 | トップページ | 黒化推進中 »